top of page

自分を知ってもらう方法

「あなたの長所短所はなんですか?」と聞かれたら、短所は見つかるけど、長所は見つからない…と感じる人も多いのではないでしょうか?そのためか、世の中には長所の見つけ方!というようなテーマの書籍がいくつも出版されています。

自分の長所や短所、強みや弱みを相手に伝えることは、なかなか難しいものです。

長所・強みを言い過ぎてしまうと、自慢や偉そうに聞こえてしまう可能性もあります。

短所・弱みを言い過ぎてしまうと、言いたいことや大事なことも言いづらくなるかもしれません。

 『採用面接』・・・どの程度相手に自分を理解してもらいたいのか。会社や組織はどの程度自分を理解しているのか?など組織で働くうえでは、大切なことかと思います。

自分をうまく知ってもらい働くためには、きっとその人に合った方法があると思います。

【一例をご紹介致します】

①具体的に自分を伝える方法

『言葉のコミュニケーションが苦手(または得意)です』と相手に理解してほしい場合

→『仕事の話をするのは可能ですが、雑談のような定まらない会話が苦手です』と伝える

→『相手の話を聞くことが苦手で、話すことは得意です』と伝える など

②過去の経験を例に自分を伝える方法

『コミュニケーションが苦手(または得意)です』と相手に理解してほしい場合

→『以前に間違った表現をした際にひどく怒られたので、自分から話しかけることに自信がありません』と伝える

→『以前に接客時のふるまいをお客様に褒められたので、お客様と話すことには自信があります』と伝える など

いかがでしょうか?自分の得意と苦手を様々な方法で相手に伝えると、きっと合理的配慮を得やすくなったり、誤解を防ぐことに役立つと思います。



閲覧数:1,593回0件のコメント

最新記事

すべて表示

助言

似合う色

Comments


bottom of page