top of page

就労支援:情報との共存

更新日:2021年4月16日

新規創業して10日が経ちました。その間皆様から、施設の使い勝手、支援サービスについて、いろいろなご意見などをいただきました。ありがとうございます!いただきましたご意見を順次施設作りに反映しています。これからもぜひお気づきのことをお寄せください。

☞内覧会も申込受付中です!

さて、今日は生活する中で、情報の取り込み方、整理は不可欠ですが、特に社会に出ると希望しなくても情報が一方的に入ってきます。全て正しい情報とは限りませんし、自分にとって必要か有益かの判断も難しいと思います。今日はユースターの利用者さんとともに、情報との付き合い方を実践しました。それもスマホではなく、シンブンから・・・新聞を読む機会が減った・・・あるいはほとんど無い方もいらっしゃるなか、参加者は読んで内容をメモして考えて・・の手順をじっくりと体験していただきました。メモもスマホではなく、紙に書いてみました。時には必要な事ですよね。


就労移行支援事業所での情報との共有についてのプログラム


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

障がい者の就職ガイド

障がいのある方への就職ガイドについて、就労支援を担う就労移行支援事業所ユースターの実践からまとめてみます。 かつては、終身雇用があたりまえの価値観の時代でしたので、どの会社に採用されるか、会社に選んでもらえるかが就職活動の大事なポイントでした。 ご存知の通り、今の時代は、会社を選ぶ前にやりたい仕事を選ぶ時代です。 それらの変化は障がいの有無によって違いはありません。 しかし、障がいがある方は、それ

Comentários


bottom of page