top of page

外国語会話

先日ユーディー利用の方と一緒に、英語で話す講座を行いました。

就労移行支援事業所ユースターの就労支援なの??と大きな疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません・・・その通りで、通常の就労支援プログラムではありません。


就労移行支援事業所ユースターとは別の組織であるキャリアセンターユーディーという事業所で行っているものです。

キャリアセンターユーディーは、障がいの有無を問わず、主旨をご理解いただいて、賛同いただける方は、どなたでも会員になれます。

ユーディーは、ユースターとセットで運営しており、社会に出づらい方、就職に何等かのサポートがあると良いと思っている方、今働いていたり、学生であったりなど立場は問わず、就労支援や社会生活充実に向けた支援、社会性支援などのプログラムに参加したり、いま勤めている会社で働き続けるサポートをしている事業所です。語学やパソコン、その他一般教養など、社会で生活する自分の時間を少しでも充実したものにするお手伝いも時々は実施しています。学ぶ場にもなっています。


英語で話す講座にお話をもどします。お互いにとっての外国語で会話をすると、何でも自由自在に話すことが難しい分、会話の量にバランスが取れてくるような気がしました。母国語であれば、たくさん話す方、話す事が得意な方が、そうでは無い方よりもどうしても多くお話しをしますし、その場の流れを作ってしまうことがあります。

しかし、外国語で話すと、話す人、聞く人が対等で、程よいバランスが取れるだけではなく、参加者が一生懸命に話す、という時間が持てます。話す言葉を自分で考えてみたり、選んだりすることで相手に伝えたい、という意識が強くなるような気がしました。


ユーディーの英語の時間は英会話の講座ではありませんので、英語力は上がらないと思いますが、一生懸命に聴いたり話したりすることで、相手をしっかり聴いたり、伝えることを意識したり、と「会話」について考える時間になるかもしれないと思っています。

そして、その時に感じたことを日本語での会話にも生かしていければ良いなと思います。


外国人が会話をしている
このような輪の中に自分が入ったら💦・・相手の話す言葉を真剣に聴くと思います。想像力をフルに働かせながら。。母国語ではやらないことかもしれません




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

芽吹く

Comments


bottom of page