top of page

よく働きよく休む、ほどよい疲労感

・働くと疲れます。気持ちが疲れる、体が疲れるなど、疲れの種類も様々です・・

その人なりに一生懸命に働くとそれ相応に「疲れ」もしっかり出てきます。

・疲れを感じずに働き続けられることもある?でも、そう長くはもたないかもしれません。


上手く疲れと向き合いながら働くにはどうしたらよいのでしょうか?


・きっと多くの人は「休む」ことを考えるかと思います。働きながら休むのは実は意外と難しかったり、自分に合わない休み方をしたり「疲れが取れない」と感じ疲労感が蓄積することもあります。

・ユースターではON/OFFの切り替えのような、仕事と休憩の切り替えを大切にしています。仕事ができるかできないかという判断だけではなく、上手く休憩できているかも大切な「就労サポート」と感じています。・・・働きながら上手く休む・・・そのコツの一例をご紹介します。不思議なことに上手く休む人は仕事も上手くできる人が多いそうですよ♪反対に仕事が上手く進められない人は、上手に休めていないのかもしれませんね(´;ω;`)ウゥゥ

➀休む時間や休める時間はいつどのくらいあるのか把握する
(仕事ができる時間も必然的に決まってきます)
➁休む時間や休める時間に気持ちを休めるのか、体を休めるのか考える
(気持ちも体もリラックスが1番かもしれません)
➂いつもより睡眠時間を多くとる
(睡眠時間は大切な頭のリセット時間)
➃いつもより5分お風呂に長く入る
(20~30分程度の入浴で自律神経を整える)
➄趣味や仕事以外のことを考える
(好きなことや視野を広げることで頭が柔らかくなります)
➅癒され動画やリラックスグッズを決めておき使用する
(リラックスで心も体もリフレッシュします)

ユースターにある個室の休憩場所です♪

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

助言

似合う色

Comments


bottom of page