top of page

目立つひと①

おおぜいの中で、特に目立つ人っていますよね。

たとえば、いつも話している人、大きな声で話す人、動きな大きい人、身体が大きい人、など・・・

複数の人がいる中では、特に周囲の人の視覚や聴覚に刺激を与える人(回りくど言い方で恐縮ですが、つまりは’やかましい人’や’動きが目立つ人’でしょうか)はどうしても目を引きます。


・・・・・でも考えてみれば、その人は、確かに目立つ人であったり、人目を引く人であったかもしれません、、しかし後々まで人の心に残る人、人の印象に残った人、であったかというと、それとは少し違うかもしれません。

もちろん言葉や行動も目立ち、ずっと心に残る人も多くいらっしゃると思いますが、必ずしも「目立つ人=あとあとまで印象に残っている人」・・・ではないと思います。


とても大きな「声」で話したり、「動き」が派手な人は、その場で目立っていても、人の心にまで届く「声」や「動き」になっているとは限りません。

学生時代、自分は目立っていなかったし、誰からも気づかれなかった存在で、たぶん、当時の同級生は、今は誰も自分のことを覚えていないだろう、とおっしゃる人がいます。

学生時代、辛いことも多く経験したので、その当時のことは思い出したくない、だから同級生は自分のことは覚えてくれていなくても良いし、自分も忘れたい過去だと思っている・・・という人もいらっしゃるかもしれません。


そういった気持ちはもちろん全てを尊重されるべきですが、その方に「今の自分はどうでしょうか?」とお聞きすると・・学生時代からそうであったので、今の自分も誰からも関心を持たれないし、自分も他の人には前向きな関心を抱かない・・とおっしゃる人がいます。

自分は人には影響を与える事はできない。。と思っているのかもしれません。


そのような方には

「目立っていたのか、人から関心を持たれたか、ということと、人の心に印象や影響を与えたか」ということは、ひょっとして別かもしれません。。。

とお話する時があります。人の心や気持ちはそう単純ではなく、時が経過して、それぞれが色々なことを経験し、成長すると、意識も変わり、当時気になっていなかった人でも、とても気になり出すことってあるかもしれません。

昔の同級生、友人、知り合い、あの人はどうしているかな・・と突然思い出すのは私だけでしょうか・・・


目立つ人と印象に残る人は、やはり異なる気がします。。。


目立つ人とそうでない人の人形
目立つ人とそうでない人は同じ存在感・・

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

助言

似合う色

Comments


bottom of page