top of page

定着①

就職して働き続けていくことを、仕事に定着するとも言います。

「定着」とは何かにしっかりと、付いて、安定した状態になることのようですが、何かに根付いたり、人で言えば習慣として身に付いていくことにも使われますよね。


そこで「仕事に定着する」ということはどういうことか、を改めて考えてみました・・・・・


まずは、何かを定着させるために、私たちは何をしているのだろうか?

答えは簡単(と思いたいです・・)

●練習をして身につける

●ずっと同じことをし続ける

●何も考えないでもできるように繰り返す

・・・・・等

これらは、あたりまえのことかもしれません。


しかし、何となく違和感も感じます。こと『働く』ことを定着させる「就労支援」についていえば、違和感も強くなります。ちなみに「働く」という言葉を上の言葉に単純に入れこんでみました・・・すると以下のようになりました。

●働くことを練習をして身につける

●ずっと同じように働くことをし続ける

●何も考えないでも働けるように繰り返す

・・・・どのような印象を持ちますでしょうか?


私は、これを見ると、働くことはとてもつまらなくて、辛いことのように感じてしまいました。何か義務的で、冷たい印象すらあるのではないでしょうか。

これでは働きたいという気持ちは弱まるか無くなりますよね。


上記は機械的に言葉を入れ込んだだけですので、本質的な意味として受け取ってはいけないのかもしれません。でも、今回言葉を入れてみて、そもそも「定着」をめざす支援は、何を支援するのか?という、根本の考え方や捉え方を、一度検証する必要があるのではないかとも感じました。(②へ続く)


会社を研究している講座です
定着して働き続けることとは何か、会社とは・・を研究中です


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

助言

似合う色

Komentarze


bottom of page