top of page

2024年前進します

新しい年が明けました。

昨年中はユーファーストは皆様から大変大きなご支援いただきました。心より御礼申し上げます。

そして、新しい年2024年もユーファーストは、皆様のご期待に近づけるよう、まだ力は弱いですがスタッフ一同全力で前進します。どうぞよろしくおねがいいたします。



北海道は例年に比べて比較的雪が少ないお正月でした。これを良しと感じる方がいる一方で、そうではなく困られる方もいらっしゃいます。

同じものであっても、それが良いか悪いかは、人によって、特に業種やお立場などで違います。スキー場にとっての雪と、交通網遮断が死活問題となる流通業の方にとっての雪のようにです。


進路についても同じだと思います。就労移行支援事業所ユースターを終えて、就職を目指す方にとって「もっとも良い進路」は、人によってさまざまに異なります。

一般的には「その方が望む進路」が良い進路と思われるかもしれません。しかし、同じ人であっても「望む進路」と「望ましい進路」が違うのです。

つまり、それは、自分は”何がしたいのか” と ”どうありたいか(どう生きたいか)”の違いなのかもしれません。


例えば、有名な大企業に就職したい、という望みがあるとします。

しかし、その方の働く事に対する価値観や生活状況、体力や能力などを総合的にみると、望ましい進路は小さな組織で、全員が本人のことを詳しく理解してくれる職場。人の異動はなく、仕事内容が変わらない、という条件だとします。

そうなると望む進路の「大企業」と望ましい進路の「小規模組織で人が変わらない職場」との間には隔たりがあることになります。


望む進路は、望ましい進路ではない場合があること、人によって同じ企業でも望ましく感じたり、望ましく無かったりすることを良く理解しながら、職業選択の支援をしていきたいと思います。


年明けにあたり、心を新たにユーファーストも新しいことにどんどん挑戦してまいります。しかし一方で、変えないことをしっかり守りながら、目の前の方にとって良いことは何か、望むことは何か、そして望ましいことは何かに向き合ってゆきたいと思います。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


山脈に登る太陽
その人に何が一番良いのかを見極める支援をユーファーストは追い求めたいです



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page