top of page

誤解の中で生きる・・

仕事に就くと、誰しも一度は、上司や同僚、先輩後輩との関係に悩んだことはあるのではないでしょうか?想いや考えていることを相手に上手に伝えることができなくて・・誤解されたりします。さらに、その誤解を解くタイミングや、方法もわからないかもしれません。

自分の想いが、上手く伝わらない時や誤解が生まれた時はどうしたらよいのか・・・というテーマにユースター(就労移行支援事業所)を利用される方も取り組んでいます。


ユースターには、他の人との関わりを大切にしながら就労する、という価値観があります。またそのための支援プログラムがあります。「関わりを大切にする」という事は、誤解されそうだから人との関わりを避けたり、誤解をされないようにトレーニングするのではなく、相手に誤解を与えた時はどうすればよいのか?・・を人それぞれに支援スタッフと共に模索しながら、身につけるようにしています。


個別の関わりや支援を大事にしているユースターの就労支援ですが、他者との関わりを避けたりコミュニケーションをとるなかで生じる誤解をどのように対処したら良いかなどの実践日々のプログラムの中で体験していただいています
ユースターの就労支援プログラムでは、他の人との空間を共有しながらの関わり(イメージ)を意識しています

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page