top of page

自分のことを伝える方法④

自分のことを伝える方法、4回目の最終回です。


当シリーズ3回目では、自分のことを伝える方法はわからなくても、他の人が言ってくれた自分の印象を、そのまま使って伝える方法もありかもしれないと書かせていただきました。


今回は、自分のことを伝える意義や、目的について考えます。なぜ人は自分のことを伝えたい、あるいは伝えるべきと考えるのでしょうか?


自分のことをわかって欲しい理由の一つは、相手との信頼関係を作りたい、友人関係が欲しい・・・自分を知ってもらうことで、必要な時に助けれくれる・・・などからかもしれません。

もう一つは、相手に知って欲しいと思う以上に、自分も相手のことを知りたいという気持ちがあるのではないでしょうか?なので、自分のことを伝えつつ、相手の人は?を探求したい想いもあるのだと思います。


社会は、人と人のつながりで成り立っているとも言われます。つまり、社会を構成するのは人ですから、その気持ちは当然かもしれません。



一方で、自分のことを伝えたいとは思わない、あるいは、意味のあることと捉えない。無関心。という人もいます。

それも尊重できる考え方ですし、デジタルなどのツールを活用すれば、人の関わりだけでなく付き合い方の深さも最小限にすることが可能となっています。


人との関係の作り方は、個人個人の個性に合わせることです。つまり自分のことをどのようにどの程度他の人に伝えるか・・・・

社会の前に個人があるので、個人のペースを大事にしながら自分なりの方法で伝えていけると良いかもしれません。


支援者と利用者さんで会話をしています
自分のことを伝える・・個性に合わせて自分らしく伝えるので良いですね




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page