top of page

知識を身に付ける


経験したことが知識として力になる。
知識として得た力を経験として活かす。

 最近、仕事をしていると学生の頃は勉強が嫌で、早く家に帰って遊びたかった自分が、今は何かを学びたいという気持ちに駆り立てられている自分に違和感を感じ「この気持ちが学生の頃にあったらなーー!!」と嘆いてしまいます(笑)

 働き、いろいろな物事に触れてゆき、関わってゆくと自分に足りないものや欲しい知識・経験がみえてくるからかもしれません。

 仕事以外でも、ゲームやYouTube、読書やアウトドアなど何かを「知りたい」と思って、調べたり、聞いたり、行動を起こします。

 興味から得た行動は、きっとしっかりと知識として力になると思いますが、逆に興味がなく行動も起こさなければ、知識や経験といった力には結びつきづらいものです。



 社会にでると自分の興味があることだけで、仕事を続けてゆくのは難しく、興味がないことでも知らなくてはいけない、できなくてはいけないことも出てきます。

 「知らない、やったことがないからわからない」「興味がないからわからない」はなかなか通用しづらいのです。

一見、厳しいようにも見えますが「知るとできること」「興味がなくても知ることができること」「知ってからゆっくりと経験してゆくこと」を体感することで、最初はできなかったことも…できないと思っていたことも…いつかきっと『経験値』となり、できるようになるのではと思います。

その時間は、人それぞれです。

1年、2年、3年…6年…「いつかきっとたどりつく」とユースター(就労移行支援事業所)の利用される方の力を信じながら私たちは、就労サポートをさせていただいています。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

芽吹く

Comments


bottom of page