top of page

相手の事を知っていますか?

 今、目の前にいる人、電話で話している人、最近連絡があった人、話しかけてきた人・・私たちは相手をどれだけ知って話しているのでしょうか?・・・・

 相手との関係や親密度によってその違いは大きいでしょうが「知っている人」「親しい人」と自分で思っていても、本当にその人のことを知っているのか?、という疑問はどこかに残るのかもしれません。


 親しい人で、良く知っているつもり、であっても、実際には知らない部分はあるかもしれません・・・・いや、知らないことをわかっていないだけで、つまり知っている部分だけで関わっているのかもしれません。

 もちろん、人との関係は、常にそのような部分はあるのだと思います。たとえばお仕事で関わりのある方は、その方のプライベートのことや、詳しい人柄を知ることなく、あるいはあえて詮索(せんさく)しなくても十分に仕事はできますし、仕事上の一定範囲の信頼関係は成り立つのです。


 そもそも、その人を知っているつもりでも、実のところは知っていることは本当に少しだけで、ほとんどは知らないけれど、「この人であれが、〇〇である(はず)」・・と「想像している」場合も多いかと思います。知っているつもりで人と関わっていることも多いのです。

 

 そこで、考えたいことは、「相手のことを知る範囲」つまり「どこまで知る必要があるか」ということではないでしょうか。


 ユースターの就職までの準備のなかでも、人間関係に関する話題が頻繁に出ます。その際、会社の同僚との関係と、家族との関係を比べてみることもあります。いうまでもなく、会社の同僚とは一定程度の信頼関係ができれば良く、大幅に相手に踏み込むことはしなくても良いです。踏み込みすぎて、トラブルにもなることすらあることも確認しています。

 会社にいる人たちは、みな共通の目的を達成するために集まっているわけですから、その目的のために一緒に力を合わせられれば良いわけです。同僚は自然発生的に知り合うわけではなく、意図があってつながっている人たちとも言えます。ですので、知る範囲は一定程度でも良いのかもしれません。

 もちろん長く一緒に働いたり、苦楽を共にすることで大親友になったり、家族同様の関係になることもあるかもしれませんし、そうなれば、人としてとてもすてきな事です。でもそれを目的に就職をするものでもないですね・・


ユースターの講座の場面です
ユースターの講座では、相手のことを知る範囲はどのような関係かによって変わることを色々な場面で考えています








閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

障がい者の就職ガイド

障がいのある方への就職ガイドについて、就労支援を担う就労移行支援事業所ユースターの実践からまとめてみます。 かつては、終身雇用があたりまえの価値観の時代でしたので、どの会社に採用されるか、会社に選んでもらえるかが就職活動の大事なポイントでした。 ご存知の通り、今の時代は、会社を選ぶ前にやりたい仕事を選ぶ時代です。 それらの変化は障がいの有無によって違いはありません。 しかし、障がいがある方は、それ

Comments


bottom of page