top of page

得意を頑張る・苦手を頑張る

皆さんの得意なこと・苦手なことは何ですか?(笑)

私は歴史が大の苦手です。(でもすごく興味はあります(笑))

・誰でも自分の得意不得意があり、社会で暮らす中で自然に苦手を克服したり、いつのまにか上手く避けていたりすると思います。得意なことが、趣味や特技につながることもありますよね♪

・ユースターを利用されている方の中にも、自分の得意なことと苦手なことを理解されている方、まだ自分の得意苦手を見つけられていない方など様々です。

そうした自分をわかって理解しながらも、苦手に立ち向かう姿に、支援者としては時に勇気づけられたりもします。

・ここで「苦手への向き合い方」について、いくつか例をご紹介したいと思います。

➀苦手を克服する(克服したい)
➁極力苦手を避けて、得意な部分で頑張る(頑張りたい)
➂苦手を理解してもらって、最低限の助けを求める(求めたい)
➃二度と苦手なことにはチャレンジせず、得意なことの中で暮らしてゆく(暮らしたい)
➄まずは得意なことを強みにして、自信を付けてから苦手と向き合う(向き合いたい)
などなど

向き合い方には、いろいろな形があります。また、その人のその時にあった向き合い方もあると思います。

ユースターを利用されている方々は、就労支援(働くためのサポート)を受けながら、苦手とどのように向き合ってゆくのか、スタッフと一緒に適度に考えて、就職を目指しています。



閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

障がい者の就職ガイド

障がいのある方への就職ガイドについて、就労支援を担う就労移行支援事業所ユースターの実践からまとめてみます。 かつては、終身雇用があたりまえの価値観の時代でしたので、どの会社に採用されるか、会社に選んでもらえるかが就職活動の大事なポイントでした。 ご存知の通り、今の時代は、会社を選ぶ前にやりたい仕事を選ぶ時代です。 それらの変化は障がいの有無によって違いはありません。 しかし、障がいがある方は、それ

Comments


bottom of page