top of page

常識のなぜ?~②~

常識の「なぜ」についての2回目です。ユースターを利用される方には、なるべくわかりやすく常識の理屈を説明したいと思っていますし、支援スタッフは、そのために工夫をしています。前のブログでも書かせていただきましたが、簡単にはできず、迷走するときもしばしばです。


まだまだ未完で未熟ですが、どんな工夫をしているか?といいますと、一つに「目に見えないことを目に見えるように提示する」です。


例えば:

「お詫びと会釈はお辞儀の角度が違います」という説明より「お辞儀の角度=(イコール)起こっていることの重さです!角度が大きいほど重いんです」と説明し、重さの順番の例を示します。例えば・・・

(どうもっ<こんにちわ<お客様、ありがとうございます<もうしわけありません)


人の社会生活の中で、可視化できないものはあまりにたくさんあることに気づきます。特にその国・地域・組織・仲間の中で築かれた独自の常識は難題です。

また、可視化を恐れて、触れないでいるものもたくさんあることを、改めて感じてしまいます。「いいから、そういうものなんだからっ!」ってどういうものなんでしょうか?


「なぜ」に向きあうことは、支援スタッフにとっては、利用者の方と自分の支援に向き合うことかもしれません。


挨拶を決まったルールとして説明しても納得感が無いと続かないです

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

障がい者の就職ガイド

障がいのある方への就職ガイドについて、就労支援を担う就労移行支援事業所ユースターの実践からまとめてみます。 かつては、終身雇用があたりまえの価値観の時代でしたので、どの会社に採用されるか、会社に選んでもらえるかが就職活動の大事なポイントでした。 ご存知の通り、今の時代は、会社を選ぶ前にやりたい仕事を選ぶ時代です。 それらの変化は障がいの有無によって違いはありません。 しかし、障がいがある方は、それ

Коментарі


bottom of page