top of page

ルールが変わる…②

 仕事をしているとこんなことを経験する人も多いのではないでしょうか?

「人によって言っていることが違う」

「前はこうだったのに、いつからか違うことになっている」

「あっちではこのやり方で、ここでは違うやり方になっている」


 人、時間、場所などによって、働く中でのルールが変わること・変わってゆくことがあると思います。変化すること自体は、必要なこともあるので良いかもしれませんが、その変化をどのようにして、組織の中で受け入れてゆくかは、人それぞれの理解力や適応力のようなものが必要になってくるかと思います。


 ルールが変わることによって、自分も大きく変わらなければいけないと思ってしまい急に不安になることもあるでしょうし、変化に適応する前に自分のやり方を維持しようとするかもしれません。



 自分が変わる努力も必要ですし、変わることに困難さを抱えている方のために周りが変わる努力をすることも必要だと思います。どちらが良い悪いというころではないですが「ルールが変わる」ことをしっかりと情報共有することで、変化に伴うリスクは少なからず回避できると思います。

 ユースターのトレーニングは週間スケジュールとなっているため、変更がある場合にいかに変化に対応できるか、対応しやすくするかを考えています。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

障がい者の就職ガイド

障がいのある方への就職ガイドについて、就労支援を担う就労移行支援事業所ユースターの実践からまとめてみます。 かつては、終身雇用があたりまえの価値観の時代でしたので、どの会社に採用されるか、会社に選んでもらえるかが就職活動の大事なポイントでした。 ご存知の通り、今の時代は、会社を選ぶ前にやりたい仕事を選ぶ時代です。 それらの変化は障がいの有無によって違いはありません。 しかし、障がいがある方は、それ

Comments


bottom of page