top of page

ファーストインプレッション

カタカナで書くとわかりにくいかもしれませんが、いわゆる「第一印象」です。就職して最初の難関が初対面の人との出会いとそこに存在する壁をどのように対処するかという

出社初日、初対面という大きな壁を乗り越える練習は、さりげない自分の姿を知る事から始めています。
就労支援として初日は何も言えなくてOKを練習

事になります。緊張してしまって「はじめまして」の挨拶も困難になる方も少なくありませんし、さらに「自分は他の人にどのようにうつっているのだろうか・・」と気になって、緊張がますます増すことになりますよね。


就職を目指して準備するユースターでは、人との初めての出会いをもっとポジティブにとらえられるように、そしてファーストインプレッションを伝えるために、緊張も含めてできるだけ「ありのまま」の自分を伝える事を毎日の活動の中でさりげなく盛り込んで練習していただいています。

固まってしまって何をして良いか全くわからなくてもOK・・「初めまして」の言葉だけでも発信、もっと言えば無言でもOK、ということを初日のハードルとして考えるように練習しています。利用者さん同士の関わりから、ユースターの中で、ファーストインプレッションは大事だけれども縛られないことも大事かもしれない、と皆さん少しづつ感じていただいています。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

障がい者の就職ガイド

障がいのある方への就職ガイドについて、就労支援を担う就労移行支援事業所ユースターの実践からまとめてみます。 かつては、終身雇用があたりまえの価値観の時代でしたので、どの会社に採用されるか、会社に選んでもらえるかが就職活動の大事なポイントでした。 ご存知の通り、今の時代は、会社を選ぶ前にやりたい仕事を選ぶ時代です。 それらの変化は障がいの有無によって違いはありません。 しかし、障がいがある方は、それ

Comments


bottom of page